注目キーワード
  1. AMP
  2. SEO
  3. PWA

新本当の妊活とは?実は、本当のダイエット効果までも体験できる方法だった①

『子どもがほしいのにできない』と悩む女性が、実に多い

安倍総理から菅総理に政権交代が起きてから

2020年9月18日の朝のニュースでは、緊急世論調査の結果

国民が優先的に処理してほしい課題が、次の4つだということでした。

(テレ東日系世論調査)

①新型コロナウイルス対策58%

②景気回復42%

③年金医療介護37%

④子育て・少子化対策28%

この④番目に不妊治療の話が話題になり

不妊治療について

5年で300万かかっているが未だという女性の街頭インタビューのシーンを観ました。

そのシーンを観てすぐに

厚生労働省が推奨している不妊治療を調べて驚きました。

なぜなら、私の知っている妊活とは、方法が違っていたからです。

 

冷え性、おりもの、生理痛、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮がん、卵巣がん…病名ばかりが増え続ける異常な事態が女性を襲っている

そんな私も、過去に子宮や膀胱については、ステロイドを塗る度に、常連の異常事態に病院にお世話になっていました

。だからどのくらいその問題が辛くて、それは薬で対処しても繰り返すので予防に切り替えない限り危険

なのかがよくわかっています。

そんなことは、現代の成人女性はどれか一つは大半が経験しているほど、

地球上の女性の身に何か異常事態が起きています。

世の中の女性に何が起きてこんな事態になっているのか(本当の少子化の大きな原因)

アトピーでなくても、ゆとり世代の同級生とともに育っていく中で、友達は、おりものシートをつけるのが当たり前、

カンジタと膀胱炎には誰かしらがなっては、病院に行って〜などと話を聞きながら学生時代を過ごしました。二十歳を超えて社会人になってからは、不妊に悩む友達も増えました。

では、なぜこんなにも生きた心地がしないようなあり得ない話が当たり前のように起きているのでしょうか?

その原因は、毎日の食べ物

 

日本では、女性は、四つ足のものを食べることを固く禁じられた時代が100年以上あり、

血が汚れると硬く禁じられ決して口にしなかったんです。

どうやら、血液が汚れるとうまくデトックスできなくなり

リンパがつまり子宮が冷蔵庫のように冷えて末端が冷え性になるんだそうです。

神社がある意味ってもしかして…

 

女性がお嫁に行くと『おかみさん』と呼ばれるのは、女性の子宮は神のお宮

だからです。子の宮とかいて子宮。

妊娠すると参道を通って赤ちゃんは生まれます。

だから神社は、お宮、

表参道は参道のことです。

この話を聞いて私が思うことは、東京の表参道は、右にも左にもすごい感覚で6カ所以上の喫煙所があります。

私はこれを表参道が、ただの外資系の家賃が高い土地だという認識のがメジャーになっていることを

感じます。

日本書紀でも古事記でも生命の誕生のお話が神話になっていますよね。

 

私はそういう認識で病気を治していたので、真逆の方法の

厚生労働省の推奨する不妊治療がどんなものなのか

これを期に調べてみました。

そうしましたら、その中に

排卵誘発薬によって卵巣を刺激する

とかいてありました。

これって子宝に恵まれれば、子宮が冷蔵庫のように冷え切っているサインのおりものや生理痛など妊娠に至らない原因を根本的に治療しないまま妊娠を先に目指すってことですよね。

私が過去に味わった生きた心地がしない苦しい体調のまま女性たちが、出産をするってどれだけ不安で

どれだけ育児が大変になるか考えたときに、

今回の政権も女性は2人しかいない日本の未来が想像もしたくありませんでした。

右を向いても左を向いても

冷えや、子宮、膀胱の不調で悩む女性が後を立たない理由の一つなんだなと痛感したのでした。

 

浄香茶屋では、1人でも多くの方に、私がかつて抱えていた

アトピーで辛かった時間や、女性が抱える冷え性や子宮、膀胱の根本的な問題を解決する最新情報をお伝えしていこうと思っております。

男性が読んでも必ず愛するパートナーへの愛の知識につながりますように心を込めてどうしたら良いのか

まとめをお伝えしていこうと思います。

 

最新情報をチェックしよう!